仲介について

不動産を売るときに不動産業者と結ぶ契約を媒介契約と呼びます。
先にも述べましたが、媒介契約には3種類の方法があります。


>>当社に売却の相談をするにはこちら

一般媒介契約

売主は一度に複数の不動産業者と同時に媒介契約を締結することができます。

売主側から見た場合、複数の不動産業者に同時に依頼するのは有利のように考える場合も多いようですが、そうとも限りません。
なぜかというと、一般媒介の場合は不動産業者が広告費や調査費を負担して販売活動を行っても、他社で契約が成立する場合もあるので、不動産業者としては、費用が出し前になってしまうことも多いからです。

>>当社に売却の相談をするにはこちら

専任媒介契約

売主が不動産会社を一社に絞って媒介解約を結びます。
信頼できる不動産業者が見つかったら、この方法もおすすめです
一社だけでなく、他の不動産業者にも情報開示して、売主にとって最大限の成約のチャンスを生みだしてくれる不動産業者を選びましょう。


>>当社に売却の相談をするにはこちら

専属専任媒介契約

売主は仲介を依頼した業者が見つけた相手方としか契約できません。
自分で取引相手を見つけて契約することも制限されます。

>>当社に売却の相談をするにはこちら

不動産業者

不動産業者は、売買、賃貸ともに取り扱うことができます。
両方の業務を扱っている業者もありますが、どちらかに特化している不動産業者もあります。
また、媒介の依頼を受けた不動産物件の取り扱いの仕方も各社それぞれ若干の違いがあるようです。
事前に確認するようにいたしましょう。


>>当社に売却の相談をするにはこちら

OBAシステム

当社ではOBAシステムという当社独自のシステムで販売活動をいたしております。
専任媒介、一般媒介を問わず、依頼を受けた物件情報は広く地域の不動産業者に開示し、最も早い成約のチャンスを生み出しております。